子供がいない場合、配偶者はすべて相続できる?

このページでは、子供なしの夫婦でどちらかが死去した場合、配偶者は不動産をはじめ、すべての遺産を相続できるのかどうかについて解説します。

子供なしの相続、配偶者にすべてを相続させるには…

遺産相続において、被相続人の配偶者は、相続人として最優先される立場にあります。それはそれで間違いないのですが、それ故に、子供がいない夫婦の場合、配偶者は不動産をはじめ、遺産のすべてを相続できると思ってしまいがち。実は、すべてのケースでそうなるとは限らないのです。まずは、以下のケースをご覧ください。

Q.子供なしの夫婦で、主人が亡くなりました。主人の親・兄弟も亡くなっているのですが、甥と姪から遺産分割を求められ戸惑っています。応じなければならないのでしょうか?

A. この場合、遺言書で甥と姪に遺産を譲らないと明記されていない限り、不本意ではあるでしょうが、遺産分割をしなければなりません。

甥や姪という間柄なのに遺産相続する権利があるのかと思ってしまうかもしれませんが、実はこの配偶者の兄弟姉妹が死去している場合、代襲相続で甥や姪には相続権がある状態となります(ただし、甥や姪の子供には代襲相続はありません)。この場合、配偶者には3/4、甥や姪は1/4となり、複数いる場合はその1/4を人数分で均等割ということになります。

その他、被相続人である配偶者の親が健在の場合は1/3、配偶者の親が死去しているが兄弟がいる場合は1/4を請求できることになっています。また、配偶者に離婚経験があり、前妻/前夫との間に子供がいる場合は、その子供には1/2を請求する権利があります。いささか理不尽めいていますが、これが現実なのです。

では、子供がいない夫婦で、夫あるいは妻が自身の死後、全財産は配偶者に渡したいと思った場合、どうすればよいのでしょうか?もし配偶者の親が死去している場合であれば、遺言で全財産を配偶者に譲ると明記しておけば、そうなります。

遺産相続においては、遺言書の効力が大きくものをいいます。遺言に不満がある場合に一定の遺産を保証する遺留分というものがありますが、この遺留分が認められるのは、被相続人の親と子、孫といった直系卑属に限られ、兄弟姉妹や甥・姪などには効力が発生しません。つまり、配偶者の親が死去していれば、遺言で明言しておくことにより、全財産を配偶者に相続させることができるのです。

なお、そうした目的で遺言書を作成する場合は、ご自身の死後、かならず効力が発生するよう、公正証書遺言にしておくべきです。自筆遺言では、遺言書自体を遺族が見つけられず、効力が生まれないということもありえるからです。

【特集】不動産相続における遺言書作成のススメについて詳しく見る>>

【このページの監修】田中健太郎弁護士
東京スカイ法律事務所 田中健太郎弁護士(第一東京弁護士会所属)

これまでに請け負った法律の相談件数は、1万件以上。LINEから簡単に相談予約をすることができ、土日の相談にも対応しています。

代表を務める田中健太郎弁護士は、弁護士資格だけでなく、司法書士・行政書士の資格も保有。実績豊富で、不動産相続が得意な弁護士です。

東京スカイ法律事務所の公式サイトを見る