交通事故で死亡した親族の相続人が賠償金を独占した場合について

口論

このページでは、親族が交通事故にて死亡してしまったとき、支払われた賠償金に関して兄弟姉妹間のトラブルについて解説していきます。

交通事故で死亡した親族の賠償金を巡って発生した兄弟姉妹間のトラブル

被相続人である母親が不慮の事故で他界をしてしまったケースになります。

既に父親は他界している状況で、兄弟姉妹は長男、長女、次女の3兄弟姉妹になります。つまり、本来であれば、3分の1ずつ分配されることになります。

しかし、長男が賠償金を全て独り占めしてしまい、長女・次女はもらえるはずの相続金を手にすることができなかったトラブルになります。

この事例のポイントは「長男が賠償金の交渉を代表して行うため、交通事故紛争処理センター宛の委任状に署名することを強く求め、署名をしてしまった」ということです。

Q.委任状に署名をしてしまっていても賠償金の分配することは可能なのか?

A. 問題なく分配することは可能です。委任状はあくまでも賠償金の交渉を代表して行うだけのものであって、遺産相続に関する署名ではありません。

つまり、まったく関係がないということです。そのため、賠償金を分配しないといけないことになります。

連絡がなければ全額独り占め…連絡をしても納得がいかない分配金

この事例をもう少し詳しくみていくと、長女と次女にかかる心身的な負担を考えると非常に察するものがあります。

まったく後ろめたいと感じることはないにも関わらず、長男の強い主張に押し負けてしまっていた状況なので。

そもそも、長女・次女が委任状を書いた後、まったく連絡してこなかったことを不審に思って、交通事故紛争処理センターに問い合わせていなかったら、そのまま、賠償金を独り占めにするつもりだったようです。

そこで、長男に問い合わせたところ「どうしても賠償金が欲しいというのであれば1,000万円を渡すから、それを姉妹の二人にて、2分の1で分配して欲しい」との回答だったようです。

賠償金をいくらもらったのか?も分からない状態で、このように言われても到底納得のいくものではありません。

委任状に署名をしてしまったこともあり、強く反論ができなかったようですが、いくらなんでもおかしいということで、弁護士に初めて相談をした状況です。

長男の主張は「葬儀費用や治療費を負担したから多くもらうことができる」

さて、依頼を受けた弁護士は、長男と連絡を取って状況を確認すること、これと平行して交通事故紛争処理センターへ情報の開示を求める内容証明郵便を送ります。

その結果、賠償額は2,6000万円を超えるほどの金額でした。つまり、本来であれば、これを三分割することになるため、870万円ほどの相続がされるはずでした。

それを「1,000万円を半分として500万円にしなさい」ということになるため、納得ができるものではありません。

また、長男の主張(長男側も弁護士を立てて争う姿勢を見せます)は「葬儀費用は全額負担」「死亡までの治療費を一部負担」「慰謝料も最後まで面倒を見ていた」という3つの主張をして、賠償額の2分の1である1,300万円で和解をしたいと申し入れがありました。

それでも650万円となりますし、主張に関しても強い理由もありません。ということで、改めて3分の2を請求し、裁判も辞さないという旨を伝えると、長男側が折れて無事、均等に分配されることになりました。

弁護士を通して話し合いをすることで解決できる

本件は、早めに弁護士に相談をしておけばよかった最たる例といえます。

なかなか難しい面はありますが、最初から弁護士を立てておけば、姉妹の心身的な負担は凄く軽いものでしたし、長男との確執も大きくなるのを避けることができたかもしれません。

不動産相続トラブル【兄弟姉妹編】

親と同居していた家の売却を兄弟から要求された

遺言書がないのに、勝手に不動産の名義を兄の名前で登記された

兄弟姉妹編の一覧を見る

不動産相続トラブル【夫婦編】

子供がいない場合、配偶者は全て相続できる?

内縁関係で同居していた家は遺贈してもらえる?

夫婦間の不動産の生前贈与による相続税対策はした方が良い?

夫婦編の一覧を見る

不動産相続トラブル【親子編】

両親と絶縁状態。亡くなった時に相続できる?

赤の他人に全財産を譲ると遺言書に書いてある。取り戻したい!

親子編の一覧を見る

このページの監修
東京スカイ法律事務所

東京スカイ法律事務所公式HP

引用元:東京スカイ法律事務所公式HP
(http://www.tsky.jp/)

このサイトは「東京スカイ法律事務所」の田中健太郎弁護士に監修していただいています。同氏は弁護士と行政書士、両方の資格を所持し、弁護士になる前は司法書士として活躍していたという経歴の持ち主。不動産相続に関する豊富な知識と実績を持つ弁護士です。
メール・電話での相談やLINEからの予約にも対応しているので、気になる事があれば気軽に質問してみましょう。