親の面倒を見ていたのは自分。他の兄弟より遺産を多くもらえる?

こちらのページでは、遺産相続に影響を及ぼす寄与分について、概要や認められる条件、注意点などを取りまとめて紹介します。

相続における寄与分とは?どんな場合に認められるの?

被相続人が死去した場合の遺産は、相続人の人数や続柄によって、相続する割合が法律で定められています。そして、法律の定めによる相続人の相続分を法定相続分といいます。寄与分とは、共同相続人の中で、被相続人の財産の維持又は増加に特別な貢献をした人にのみ認められる相続分です。しかしながら、この寄与分は簡単に認められるものではなく、所定の条件を満たしていなければなりません。まずは、以下のケースから見ていきましょう。

Q.晩年、脳梗塞を患い要介護となった父を、長男の私だけが介護していました。他の兄弟は何もしていません。このような場合、寄与分は認められるのでしょうか?

A. 残念ながら、被相続人の介護したというだけでは寄与分は認められない可能性があります。寄与分は、あくまで「被相続人の財産の維持や増加」に貢献した場合に認められるものであるためです。

親御さんの晩年の介護をしたからといって、必ず法定相続分において優遇されるということはありません。寄与分が認められるためには、「特別な貢献」によって被相続人の財産が維持されたことや、増加が認められることが必要です。単に介護をした、面倒をみたというだけでは、「特別な貢献」とはみなされないケースが最近は多いようです。

では「特別な貢献」とはどういった対応を指すのでしょうか。

例えば、自営業者であった父親が病気によって仕事ができなくなり、父親に代わって事業の指揮をとって、父親の事業の利益を維持あるいは増大させたという場合には、寄与分が認められます。

また、単に介護をしたというだけでなく、介護の結果、本来であれば必要となったであろう付添人等の費用の支出を被相続人が免れ、被相続人の財産が維持された場合や、被相続人の生活費や医療費などの援助を行い、そのことで被相続人の財産が減ることを防いだ、増加することにつながったという場合は寄与分が認められる可能性が高いです。

なお、寄与分が認められるためには、あくまで法定相続人による「特別な貢献」であることが前提です。たとえば、被相続人に甥や姪がいて「特別な貢献」といえる対応をしても、被相続人に妻や子がいて、甥や姪が法定相続人とならないのであれば、いくら甥や姪が身内であり、被相続人の財産維持、増加に貢献しても、寄与分として遺産を受け取ることはできません。

寄与分について、相続人同士では、特別な貢献をした・していないといった感情論となり、紛争になりかねません。法律の専門家である弁護士に相談することをお勧めします。

不動産の相続、弁護士に依頼すべき理由について詳しく見る>>

その他の兄弟姉妹間での不動産相続トラブルを詳しく見る>>