親の面倒を見ていたのは自分。他の兄弟より多くもらえる?

こちらのページでは、相続において遺産分割に影響を及ぼす寄与分について、概要や認められる条件、注意点などを取りまとめて紹介します。

相続における寄与分とは?どんな場合にもらえるの?

被相続人が死去した場合の遺産分割は、相続人の人数や続柄によって、所定の割合で分割されるというのが基本です。これを法定相続分といいます。ただし、これにも例外があり、そのひとつが、寄与分というもの。しかしながら、この寄与分は簡単にもらえるというものではなく、所定の条件を満たしていなければなりません。まずは、以下のケースから見ていきましょう。

Q.晩年、脳梗塞を患い要介護となった父を、長男の私が面倒を見ていました。他の兄弟は何もしていません。このような場合、遺産分割で寄与分は認めてもらえるのでしょうか?

A. 残念ながら、被相続人の介護したというだけでは寄与分は認められない可能性が大です。寄与分は、あくまで「被相続人の財産の維持や増加」に貢献した場合に認められるものです。

「親と同居していた家の売却と金銭を兄弟から要求された」のページでも触れています通り、親御さんの晩年の介護をしたり面倒を見たからといって、法定相続分が優遇されるということはありません。寄与分が認められるためには、「特別の貢献」によって被相続人の財産が維持されたことや、増加が認められることが必要です。介護保険導入により、単に介護をした、面倒をみたというだけでは、「特別」とはみなされないケースが最近は多いようです。

そう聞くと、では特別な貢献とはどんなことか、という点が気になってきますね。

例えば、会社経営者であった父親が病気によって仕事ができなくなり、父親に代わって経営の指揮をとって、会社の利益を維持あるいは増大させたという場合には、寄与分が認められます。

また、単に介護をしたというだけでなく、生活費や医療費などの援助を行い、そのことで被相続人の財産が減ることを防いだ、増加することにつながったという場合も寄与分は認められる可能性が高いです。

なお、寄与分を受けるには、あくまで法定相続人であることが条件です。甥や姪など、他に順位の高い法定相続人がいて、法定相続人ではない者は、いくら身内で所定の要件を満たしていても、寄与分を受け取ることはできません。

以上の通り、寄与分もまた、相続人同士では、貢献した・していないといった感情論となりがちで、揉めてしまう原因となってしまいます。法律の専門家として弁護士にアドバイスや判断を仰ぐことが、スムーズな遺産分割につながるはずです。

不動産の相続、弁護士に依頼すべき理由について詳しく見る>>

【このページの監修】田中健太郎弁護士
東京スカイ法律事務所 田中健太郎弁護士(第一東京弁護士会所属)

これまでに請け負った法律の相談件数は、1万件以上。LINEから簡単に相談予約をすることができ、土日の相談にも対応しています。

代表を務める田中健太郎弁護士は、弁護士資格だけでなく、司法書士・行政書士の資格も保有。実績豊富で、不動産相続が得意な弁護士です。

東京スカイ法律事務所の公式サイトを見る