東京で不動産相続をする際の注意点

東京において不動産を相続する際には、さまざまな注意点が存在します。中でも大きいのは、相続税に関する問題。いざとなったときに困ったことにならないよう、前もって準備をしておくのがおすすめです。このページでは、不動産相続についてのポイントを紹介しています。

不動産の種類ごとに注意点を解説

不動産といっても、そのままの「土地」から、「持ち家」「マンション」「アパート」「農地」と、相続する土地の使われ方にはいろいろなものがあります。その内容によって相続する際の注意点も変わってくるので、相続する予定の土地の内容に合わせ、対策を練っておくべきでしょう。特に、相続税はえてして数百万から数千万円単位、場合によっては数億円単位のお金を支払わなくてはならないこともあります。しっかりと備えておいて、損はありません。

東京の「土地」を相続する際の注意点

東京で土地を相続する際にポイントとなるのは、やはり地価の高さでしょう。地価が高いと、運用をするときには大きなお金を生むことになりますが、相続をする際には「3000万円+600万円×相続人」という控除額を越え、多額の相続税を支払うことになるケースが多くあります。特に東京では、4人に1人が相続税を支払うことになると言われているほど。土地を相続する際には「小規模宅地等の特例」などを活用し、土地の評価額を下げることで相続税の抑える工夫をしていくといいでしょう。

土地の相続でやるべきことについて詳しく見る>>

東京の「持ち家(戸建)」を相続する際の注意点

持ち家を相続する際も、その価値を算出して財産と認定し、相続税を算出していくことになります。その際、相続される家で被相続人と一緒に住んでいた相続人が家を相続する場合は、「小規模宅地等の特例」が適用されることがあります。最大で評価額を80パーセント減らすことができるので、必然的に相続財産の総額は小さくなり、相続税を抑えることができます。相続税による大きな負担を回避するために、ぜひ目を通しておきたい制度です。

持ち家(戸建)の相続でやるべきことについて詳しく見る>>

東京の「マンション」を相続する際の注意

東京でマンションを相続するとなれば、その価値は数億円はくだらないところが多くなるでしょう。その場合、相続税も非常に高額となり、場合によっては何億円もの相続税を支払わなくてはいけないこともありえます。相続税の納付は原則として現金一括納付なので、お金が用意できなければ大きな問題を抱えてしまうことにもなりかねません。「小規模宅地等の特例」や「貸家建付地」による評価減によって、評価額を抑える工夫をしていくべきでしょう。

マンションの相続でやるべきことについて詳しく見る>>

東京の「アパート」を相続する際の注意点

東京であれば、アパートであってもある程度の価値はあるものです。すなわち、相続をする際には相続税の問題がつきまとう、ということです。数億円単位の価値が認められたものの、相続税が支払えず手放すことになった、なんていう話も、珍しくはありません。前もって相続に備えて現金を確保しておくのはもちろん、評価額を下げる仕組みなどをしっかりと把握し、支払う相続税もできるだけ抑えていきたいところですね。

アパートの相続でやるべきことについて詳しく見る>>

東京の「農地」を相続する際の注意点

農地の相続は、他の土地とは大きく様相が変わってきます。これは「農地法」という法律によって、農地が厳しく保護、規制されていることによるものです。農地は売却や貸与に厳しい条件があり、転用についても知事の許可を得る必要があるなど、複雑な点が数多くあります。農地の相続が生じる場合は、今後のプランも含め、農業委員会に相談してみるといいでしょう。

農地の相続でやるべきことについて詳しく見る>>

不動産相続トラブル【兄弟姉妹編】

親と同居していた家の売却を兄弟から要求された

遺言書がないのに、勝手に不動産の名義を兄の名前で登記された

兄弟姉妹編の一覧を見る

不動産相続トラブル【夫婦編】

子供がいない場合、配偶者は全て相続できる?

内縁関係で同居していた家は遺贈してもらえる?

夫婦間の不動産の生前贈与による相続税対策はした方が良い?

夫婦編の一覧を見る

不動産相続トラブル【親子編】

両親と絶縁状態。亡くなった時に相続できる?

赤の他人に全財産を譲ると遺言書に書いてある。取り戻したい!

親子編の一覧を見る

このページの監修
東京スカイ法律事務所

東京スカイ法律事務所公式HP

引用元:東京スカイ法律事務所公式HP
(http://www.tsky.jp/)

       

このサイトは「東京スカイ法律事務所」の田中健太郎弁護士に監修していただいています。同氏は弁護士と行政書士、両方の資格を所持し、弁護士になる前は司法書士として活躍していたという経歴の持ち主。不動産相続に関する豊富な知識と実績を持つ弁護士です。
メール・電話での相談やLINEからの予約にも対応しているので、気になる事があれば気軽に質問してみましょう。