豪邸の相続で気をつけること

プールにジャグジー、豪華な内装…。豪邸と言われる物件を相続するときは通常の相続とはどんな違いがあるのか、どんなトラブルが起きやすいのか、知っておきたいことや相続事例をまとめました。

豪邸の相続で気をつけるべきこと

一般的な規模の住宅も同様ですが、まずは相続するにあたり税金や費用がいくら発生するのか、正確に把握する必要があります。

1次相続だけでなく、2次相続まで考えて相続割合を決める

配偶者は最大1億6千万円までは控除できるので、ぎりぎりの額まで配偶者へ相続しようと考えがちです(1次相続)。しかし、近い将来また相続問題が発生する可能性が高く、そのときは子どもに多額の相続税が課せられることになります(2次相続)。

配偶者控除を利用する場合は、2次相続まで考慮し、相続割合を決める必要があるでしょう。

維持費はいくらかかる?

家屋は放置すると故障が増えるため、定期的なメンテナンスが必要です。居住しているとしても、毎日の清掃や修繕はかなりの作業量に。庭やプールなども素人の片づけでは追いつかないので専門業者に頼むことも多く、その際の経費はかなりの額になります。固定資産税も発生するため、物件を持つだけで出費がかさむということになりかねません。

資産価値はあるのか?

豪邸と言われる物件を購入できる客層は限られています。立地条件はもちろん、設備や保存状況もそれなりに高品質でなければ買い手は現れません。売りに出したけどなかなか買い手が見つからず、維持できないから売りたいのに売れない、悪循環が続きます。

豪邸を相続するというのは、ステイタスではあります。しかし、相続後に起こるトラブルの可能性を考えると、そのステイタスを取るのか、問題を未然に防ぐことを取るのか、よく考える必要があります。

豪邸の相続事例

ドラマのロケに使わせてほしいと言われるほどの豪邸に住むA氏。生前贈与も踏まえて、息子家族に家屋を譲るつもりで二世帯同居を始めました。

同居の条件は庭の管理などを自分でやること。しかし息子さんは早々に音を上げて、「こんなに大変な家は管理できない。」と管理を放棄。芝や雑草が伸び放題なので、なくなく埋めた敷地もあるほど。

専門業者を入れれば問題ないかもしれませんが、自分がいなくなった後にどうやって管理していくのか、心配でしかたないそうです。

無理をして相続させるくらいなら売りたいと考えるB氏。自分自身が家を相続し、維持することにものすごく苦労してきた経験があるため、生きているうちに売却して、現金で遺産を残そうと考えています。

豪邸に住むということは思いのほか大変なことで、手放したいと考える人も多いようです。

弁護士に依頼しよう」

相続に関する法律は頻繁に改正され、最近では残された配偶者の居住権が認められたまま相続することが可能になりました。

こまかな変更に加え、あやふやなまま相続すると後々の問題が大きくなります。早い段階で弁護士に相談し、トラブルを回避できるよう準備しましょう。

不動産の相続、弁護士に依頼すべき理由について詳しく見る>>

不動産相続トラブル【兄弟姉妹編】

親と同居していた家の売却を兄弟から要求された

遺言書がないのに、勝手に不動産の名義を兄の名前で登記された

兄弟姉妹編の一覧を見る

不動産相続トラブル【夫婦編】

子供がいない場合、配偶者は全て相続できる?

内縁関係で同居していた家は遺贈してもらえる?

夫婦間の不動産の生前贈与による相続税対策はした方が良い?

夫婦編の一覧を見る

不動産相続トラブル【親子編】

両親と絶縁状態。亡くなった時に相続できる?

赤の他人に全財産を譲ると遺言書に書いてある。取り戻したい!

親子編の一覧を見る

このページの監修
東京スカイ法律事務所

東京スカイ法律事務所公式HP

引用元:東京スカイ法律事務所公式HP
(http://www.tsky.jp/)

このページは、不動産相続に強い「東京スカイ法律事務所」の田中健太郎弁護士が監修しています。東京スカイ法律事務所では電話やメールでの相談にも応じており、LINEで相談予約をすることが可能です。