土地の相続で気をつけること

このページでは、遺産として土地を相続する場合に直面しがちな問題点について取り上げ、その概要や対応策などについて解説しています。

土地の相続において、気をつけるべきこととは?

土地の相続において考慮しておきたいポイントとしてはまず、一戸建て住宅や分譲マンションなどの場合と同じく、法定相続人同士での遺産分割協議の俎上に乗せるということが大事になってきます。

つまり、相続人の1人がその土地を相続する場合、他の相続人には、現金や有価証券など、土地に見合う相続するものがあるのかどうか。

あるいは、相続できる遺産が土地しかない場合、相続人1人が相続したのでは不公平が生じるため、売却してその代金を均等割して配分するのかどうか…といった具合です。

共有名義での相続は避けるべき

なお、土地の場合でも一戸建てのケースと同様、「共有名義」にすることは避けた方がよいでしょう。共同名義化というのは結局のところ、遺産分割協議で決着がつけられなかったため、問題を先延ばしにしているのに過ぎないからです。そのツケは、共同名義者の子供、あるいは孫の代になって、新たな争いの火種となってしまいます。

兄弟で実家を共有名義にしたけれど良くない?について詳しく見る>>

遺産分割協議後は、土地の登記を忘れずに!

また相続人を遺産分割協議で決めたら、相続登記は必ず行うべきです。これをしていないと、売却すること、あるいはその土地を担保として金融機関から融資を受けるということができなくなってしまいます。

実際にあった事例として、遺産分割協議で相続人を決めたにも関わらず、登記を怠っていたところ、別の相続人が密かに登記を行った上で勝手に売却し、その利益を海外に持ち逃げしたということがあったそうです。

更地の場合、固定資産税は高くなる

さらには、土地の相続ならではの注意点として、例えば更地の場合は相続した後の固定資産税が割高になるという点を考慮しておかなくてはなりません。

土地と建物の登記はそれぞれ行う

第三者がその土地の借地権を有していて建物が建っているという場合には、土地と建物の登記は別々に行う必要もあります。

いずれにせよ、土地の相続という場合に関しても、他の不動産相続の場合と同じく、何か問題やトラブルに直面しているという場合には、早めに弁護士などの専門家に相談することが肝心です。

不動産の相続、弁護士に依頼すべき理由について詳しく見る>>

【このページの監修】田中健太郎弁護士
東京スカイ法律事務所 田中健太郎弁護士(第一東京弁護士会所属)

これまでに請け負った法律の相談件数は、1万件以上。LINEから簡単に相談予約をすることができ、土日の相談にも対応しています。

代表を務める田中健太郎弁護士は、弁護士資格だけでなく、司法書士・行政書士の資格も保有。実績豊富で、不動産相続が得意な弁護士です。

東京スカイ法律事務所の公式サイトを見る