アパート相続

アパートを相続する際気をつけるべきことや、アパートの相続事例を紹介します。

アパート相続で気をつけるべきこと

不動産を相続する場合、被相続人から相続人への不動産名義変更手続きが必要です。

アパートはすぐ名義変更を行うべき

相続人への名義変更は法律上期限が設けられていません。

アパート相続をする場合は名義変更を素早く行う必要があります。相続人は大家となってアパート経営をすることになりますが、アパートの名義が被相続人のままだと、アパートを経営することも売ることもできなるためです。

アパートの築年数をチェックして相続するか売却するか判断する

不動産名義変更の他には、築年数が問題となってきます。

築20年を超えると、賃貸料の他に修繕費用が嵩み、経営の重荷になることが考えられます。築20年以上のアパートを経営する場合は、よほどの好条件な立地でない限り経営状態を打開するというのは難しいようです。十分な収益が出ない状態では長年わたり赤字を垂れ流す結果になりかねません。

アパートを売却した方が良い場合もありますが、相続後すぐ売却すると税務署に租税回避行為とみなされる可能性が高くなります。その結果、罰金と追徴課税を課される危険性があるのです。相続したアパートは一般的に言われている税務調査期間「3年プラス1年の計4年間」保有して売却に動き出すようにしましょう。4年間の間にも修繕費用などが掛かることを念頭に、アパート相続で収入がマイナスにならないようにしましょう。

アパート相続の相続事例

父が経営していたアパートの名義を共有名義にした事例

遺産相続では現金を分割して、兄弟全員の協議は終わったと思い込んでいました。不動産の名義人はどれくらいの分割にするかは、あまり話し合わずに共有名義として登録していました。

ところが、ある日三男が自分の持つ土地の共有部分だけ売却したいと言い出しました。その結果、実家とアパートの共有名義を曖昧にしていたために三男との争いが起きてしまいました。具体的には、所有しているアパートを分割するのか、それとも実家を売却するのかで揉めています。すでに土地の所有者の名義を共有名義変更していたので、相続は完了したと思い込んでいました。想定外のトラブルにどうしたらいいか困り果てています。

アパートと一緒に借金も相続した事例

父が所有していたアパートは相続人が3人いたので、分割協議をして共同名義としました。借金の相続をしていたことまでは確認していましたが、債権者の登記をすっかり忘れていました。現在債権者の方と話合いを進めていますが、相続人の一人がすでに手続きは済ませたから関係ないと言いだし、債権者の方に迷惑をかけている状況です。

債権者との間に無駄な争いを起さずに円滑にアパートを売却したいこところですが、相続したアパートを共同名義にしたことを後悔しています。

弁護士に依頼しよう

アパート相続に限らず、不動産相続では名義変更の期限は決められていません。多くの人が名義人変更は後回しにすればいいという認識のようですが、後回したがために、忘れた頃にトラブルになる事が多いようです。こういった場合弁護士へ相談することによりトラブルを素早く解決をすることが可能です。

不動産の相続、弁護士に依頼すべき理由について詳しく見る>>

アパートをトラブル無く相続する方法

アパートを相続する場合、相続人が複数いると家族間でトラブルが起きやすくなります。特に起きやすいトラブルは共有名義で相続したケース。アパートのように分割しづらい遺産に多くあります。

以下にアパートを共有名義にするとどうなるか調べてまとめました。ぜひ、参考にしてください。

共有名義は曖昧になりやすい

遺産相続の際に現金分割は明確にしてもアパートなど不動産については共有名義で分割を曖昧にしてしまうケースが多くあります。

この場合、どのようなトラブルが起きるかといえば、相続人の一人が自分の持分だけ売却したいと言い出した時にアパートをどのように分割するか、他の遺産を売却して代わりにするなどの揉め事です。

共有名義のデメリットがトラブルの元

遺産相続でアパートを共有名義にするのはメリットとデメリットがあります。共有名義にすると名義人の一人が亡くなって相続が発生した場合に、その人の持ち分のみが課税対象になるため、相続人は相続税を節税できるメリットがあります。

しかし、共有名義では全員が同意しないと売却しにくいデメリットがあります。また共有名義人の一人が死亡してさらに相続すると名義人が増えていき複雑になり、よりトラブルが発生しやすくなります。

アパート相続でトラブルを起こさないためには

アパート相続はできるだけシンプルに一人で相続するのがおすすめ。他の遺産で公平にするなどで話し合うといいでしょう。他に遺産がなくどうしても共有名義で相続する場合は、今後の方針についてしっかり話し合うこと、常日頃コミュニケーションをしっかりとることです。

全員に売却の意思がある場合、相続すれば売却が可能です。ただし、相続後すぐの売却は罰金や追徴課税のリスクがあるため、それまではアパートを保有する必要があります。その間にかかる経費や運営については相続人全員でしっかり話し合って起きましょう。

不動産相続トラブル【兄弟姉妹編】

親と同居していた家の売却を兄弟から要求された

遺言書がないのに、勝手に不動産の名義を兄の名前で登記された

兄弟姉妹編の一覧を見る

不動産相続トラブル【夫婦編】

子供がいない場合、配偶者は全て相続できる?

内縁関係で同居していた家は遺贈してもらえる?

夫婦間の不動産の生前贈与による相続税対策はした方が良い?

夫婦編の一覧を見る

不動産相続トラブル【親子編】

両親と絶縁状態。亡くなった時に相続できる?

赤の他人に全財産を譲ると遺言書に書いてある。取り戻したい!

親子編の一覧を見る

このページの監修
東京スカイ法律事務所

東京スカイ法律事務所公式HP

引用元:東京スカイ法律事務所公式HP
(http://www.tsky.jp/)

       

このサイトは「東京スカイ法律事務所」の田中健太郎弁護士が監修しています。平日は夜21:00まで相談が可能で、土日も事前予約をすれば相談することができます。親族との相続トラブルに悩まれている方はぜひ一度ご相談ください。