事例から不動産相続にまつわる注意点を解明!

こちらのカテゴリーでは、一戸建てやマンションなど、ケースごとに不動産の相続における注意点を、事例などを交えながらご紹介します。

不動産の相続、ケースごとに注意点を解説

現金や有価証券のように均等に分配することが難しい不動産は、相続の際にトラブルが起こりがちです。また、相続税の問題も然り。どのような場合に相続税が高額となり、売却を強いられることになってしまうのか…。こうした事柄について、知識を深め、適切に対処できるように把握しておくことが大切です。

持ち家(戸建て)の相続でやるべきこと

近年増えてきているのが、被相続人の介護や世話をしていた相続人と、それ以外の相続人による感情的な争いです。持ち家(戸建て)の相続で注意したい点や、相続人間で争いが起こった場合の心構えについて知っておきましょう。

持ち家(戸建て)の相続でやるべきことについて詳しく見る>>

マンション相続時の落とし穴

相続人間でのトラブルというのは一戸建てと同様ですが、加えて管理費や修繕積立費といった必要経費の問題、相続した物件に居住するのか、賃貸として貸し出すのかといった決断も必要になってきます。

マンション相続時の落とし穴について詳しく見る>>

売った方が得?空き家を相続

近年問題となっているのが空き家の急増。その理由は、解体費用の負担と、固定資産税の違いという点につきます。こうした問題をしっかり把握した上で、空き家の相続をどうするのか考えることが大切になります。

売った方が得?空き家を相続について詳しく見る>>

収益物件を相続する前の賃料の行方

アパートや賃貸マンションなどの収益物件を相続する際、その賃料収入を相続人間でどのように分配するのかは、問題点になりがちです。これには、とある最高裁判決が出ていますので、参考にしてみてください。

収益物件を相続する前の賃料の行方について詳しく見る>>

未登記不動産の相続

長年住み続けてきた実家が、実は登記されていなかった…そんなケースは、実は少なくありません。そうした場合でも、あわてる必要はありません。必要な手続きをきちんと行い、問題を解決しましょう。

未登記不動産の相続について詳しく見る>>

売却が必要になるケースも…。東京の不動産相続

東京の地価は、他のエリアに比べ高額となっています。そのため、相続税の「基礎控除額」を超えてしまうケースも考えられます。知らないで後であわてることがないよう、予めしっかりと把握しておきましょう。

売却が必要になるケースも…。東京の不動産相続について詳しく見る>>

土地の相続で気をつけること

基本的には一戸建てやマンションと同様ですが、加えて固定資産税が割高になること、売却するには登記の手続きが必要であることなどの注意点が加わります。

土地の相続で気をつけることについて詳しく見る>>

農地の相続で必要なこと

農地の相続には、農地法による許可は不要ですが、農地委員会への届け出が必要です。また、売却する場合には農地法による許可が必要といった具合に、農地ならではの注意点が存在します。

農地の相続で必要なことについて詳しく見る>>

借地権の相続時の注意点

借地上の建物と借地権を相続するのに、実は地主の承諾は必要ありません。ただし定期借地権の場合だと、効力が発生します。また借地権を第三者に譲渡・売却するという場合には、地主の許可が必要です。

借地権の相続時の注意点について詳しく見る>>

監修:東京スカイ法律事務所 田中健太郎弁護士(第一東京弁護士会所属)

田中弁護士

東京スカイ法律事務所のこれまでの法律の相談件数は、1万件以上。LINEから簡単に相談予約をすることができ、土日の相談にも対応しています。

事務所は、東京駅のすぐ近くに本拠地を構え、埼玉、千葉、神奈川にも拠点を展開し、日本全国からの依頼に対応。不動産の相続に強く、遺産分割に関するトラブル回避のため、公正証書遺言の作成を推奨しています。

代表を務める田中健太郎弁護士は、弁護士資格だけでなく、司法書士・行政書士の資格も保有。不動産相続に関して、大きな強みを持っています。

東京スカイ法律事務所の公式サイトを見る