事例から不動産相続にまつわる注意点を解明!

こちらのカテゴリーでは、一戸建てやマンションなど、ケースごとに不動産の相続における注意点を、事例などを交えながらご紹介します。

不動産の相続、ケースごとに注意点を解説

現金や有価証券のように均等に分配することが難しい不動産は、相続の際にトラブルが起こりがちです。また、相続税の問題も然り。どのような場合に相続税が高額となり、売却を強いられることになってしまうのか…。こうした事柄について、知識を深め、適切に対処できるように把握しておくことが大切です。

持ち家(戸建て)の相続でやるべきこと

近年増えてきているのが、相続人が複数おり、被相続人の介護をしていた相続人と、それ以外の相続人による相続争い。相続人の間で相続を機に不仲になってしまうのはどうしても避けたいところです。

こちらのページでは、相続人である三人兄弟の内の長男と被相続人にあたる父親とが、父親所有の家で同居していた例をとりあげています。長男は父親が亡くなるまで世話をし続けていたので、遺産となる家は自分がもらえるものと信じています。しかし、兄弟からは不満の声が…。果たして長男は無事に家を相続することができるのでしょうか。

持ち家(戸建て)の相続でやるべきことについて詳しく見る>>

マンション相続時の落とし穴

不動産の相続において、マンションも一戸建て同様にトラブルが起こりやすいものです。加えて、一戸建ての住宅とは異なり、マンションでは管理費や修繕積立費などの費用が発生します。また、兄弟間で「処分せずにそのまま住むのか」「売却して財産分与するのか」意見が分かれる可能性もあります。何も対応しないままとすると、相続人間でトラブルとなりかねません。

中には第三者に賃貸物件として貸し出すことも考えられます。マンションの相続にあたっては、どんな知識を身につければよいでしょうか?

マンション相続時の落とし穴について詳しく見る>>

売った方が得?空き家を相続

1人暮らしをしていた被相続人が亡くなったことで、被相続人が居住していた家屋が空き家の状態で放置されているケースが急増しています。このような傾向は、解体費用の負担があることと、空き家のままの方が固定資産税を安く抑えられることの2つの理由が挙げられます。空き家の相続問題を解決するには、多大な費用・時間・労力がかかってしまうもの。そのため、空き家の発生を抑制するために、国は空き家の譲渡所得の3,000万円の特別控除という減税措置を講じました。一定の条件をクリアしていれば、被相続人の居住していた家屋を相続した相続人が、当該家屋又は取り壊し後の土地を譲渡した場合に、譲渡所得から3,000万円を特別控除するというものです。相続人のメリットになる情報を詳しくまとめています。

売った方が得?空き家を相続について詳しく見る>>

収益物件を相続する前の賃料の行方

被相続人の死亡後、被相続人が生前に所有していた賃貸アパートやマンションなどの収益物件を相続する場合は、相続開始日から遺産分割が確定するまでの間の収益は、どのようにして相続人に分配されるのでしょうか。法律的にはどのように位置づけられ、誰が収益を取得できるのか。この問題について、平成17年9月8日の最高裁の判決が下されています。果たしてその判決とは?

収益物件を相続する前の賃料の行方について詳しく見る>>

未登記不動産の相続

未登記不動産でも相続はできます。ただ、未登記不動産はそのまま放置しておくと後々のトラブルの種になることも。たとえば、次のような事例があります。

祖父の代から代々受け継いだ土地と建物。今まで住んでいた父親も亡くなり、自分がその父親の後を継ぐことになりました。早速、相続登記の手続きを行うために法務局へ。驚いたことに、未登記物件ということが判明したのです。本人はどうしてよいかわからずに、不動産相続に詳しい弁護士事務所に駆け込みました。果たしてこれまで一度も登記してこなかった物件は、今後どうなっていくのでしょうか。

未登記不動産の相続について詳しく見る>>

売却が必要になるケースも…。東京の不動産相続

東京は他地域と比べて地価が圧倒的に高い傾向にあります。そのため、不動産の評価額が相続税の「基礎控除額」を超えてしまい、相続税が課税されることも。その負担から、相続するはずだった親の不動産を手放さなくてはならないケースが多く見受けられます。

さらに「配偶者控除」にも大きな落とし穴が…。それらのことも含めて、詳しく解説しているので、ぜひご確認ください。

売却が必要になるケースも…。東京の不動産相続について詳しく見る>>

土地の相続で気をつけること

相続財産の中に土地が含まれている場合はトラブルが発生する可能性があります。また、更地の場合には固定資産税が割高になってしまうもの。

通常は相続登記を行いますが、強制ではありません。事実、不動産の登記名義を変更しなくても何の罰則もなく、放置されている事例も多くあります。しかし、トラブルを回避するためにも相続登記は行っておくべき手続きです。また、共有名義での相続登記を行う人も見受けられますが、これも避けるべき行為。詳しくはこちらのページで解説していますので、ぜひご覧ください。

土地の相続で気をつけることについて詳しく見る>>

農地の相続で必要なこと

農地の相続は、他のマンションや戸建てとは異なる制度が適用され、気を付けるべき点も多くあります。農業に従事している方でも、ご存じないことが多いのが実態です。農地の相続には農業委員会の許可を取る必要はないものの、農業委員会への届け出が必要です。それは一体どういうことなのでしょうか。また、その手続きを怠った場合はどのような罰則があるのか。詳しく記載していますので、次のページをご覧ください。

農地の相続で必要なことについて詳しく見る>>

借地権の相続時の注意点

借地権は、土地を借りる権利を指すものであって形がないため、財産として認識されていない方が多いのですが、借地権も相続の対象になります。借地権の相続にあたり地主の承諾は得る必要ありませんが、相続した借地権を第三者に譲渡・売却する場合は地主の許可が必要となります。

また、借地権の相続において、地主から金銭を要求されるケースがあります。果たして、相続人は地主に対して支払うべきなのでしょうか。

借地権の相続時の注意点について詳しく見る>>

別荘相続時の注意点

別荘の相続で注意したい点は「相続税」もさることながら、「維持費」などのコストも発生することです。

「相続税」は本宅同様に発生します。相続税がどれくらいかかるのか、相続前にあらかじめ知っておきたいものです。相続税の算出方法はいったいどうなっているのでしょうか。また、「維持費」は別荘を管理・維持するために発生する費用のことです。別荘が本宅から遠く離れた場所にあり、管理・維持のために通うのであれば、高額な交通費も考慮に入れておかなければなりません。

別荘相続時の注意点について詳しく見る>>

不動産相続トラブル【兄弟姉妹編】

親と同居していた家の売却を兄弟から要求された

遺言書がないのに、勝手に不動産の名義を兄の名前で登記された

兄弟姉妹編の一覧を見る

不動産相続トラブル【夫婦編】

子供がいない場合、配偶者は全て相続できる?

内縁関係で同居していた家は遺贈してもらえる?

夫婦間の不動産の生前贈与による相続税対策はした方が良い?

夫婦編の一覧を見る

不動産相続トラブル【親子編】

両親と絶縁状態。亡くなった時に相続できる?

赤の他人に全財産を譲ると遺言書に書いてある。取り戻したい!

親子編の一覧を見る

このページの監修
東京スカイ法律事務所

東京スカイ法律事務所公式HP

引用元:東京スカイ法律事務所公式HP
(http://www.tsky.jp/)

       

このサイトは「東京スカイ法律事務所」の田中健太郎弁護士が監修しています。平日は夜21:00まで相談が可能で、土日も事前予約をすれば相談することができます。親族との相続トラブルに悩まれている方はぜひ一度ご相談ください。