不動産の相続、弁護士に依頼すべき理由

このカテゴリーでは、不動産相続において、弁護士に依頼すべきケースやそのメリットなどについて解説します。

不動産相続のトラブルは、弁護士への相談が解決への近道

不動産相続でトラブルが発生している、もしくは発生しそうなら、できる限り弁護士に依頼した方が望ましいといえます。

現実問題として当事者だけで全てを解決するのは、かなりハードルが高くなり、自分たちだけでは収拾がつかなくなりがちです。最初から弁護士に依頼して、無駄な時間を費やさない方が、その後の手続きを考えても賢明です。

↓不動産相続が得意な弁護士がいる法律事務所はこちら↓

その一方で、いざ弁護士に不動産相続の依頼をするとなると、分からないことや心配なことも多いことでしょう。一般の方であれば、弁護士と接する機会というのも、そうそうあることではありません。そこで不動産相続を弁護士に依頼するにあたり、予め知っておきたい知識を以下で紹介いたします。

相続相談における弁護士と他の士業との違い

相続の相談を弁護士に依頼した方がよいのは、相続人同士で、遺言内容や遺産分割の内容に対してトラブルが発生しているケースです。こうした紛争において、調停や訴訟手続きなどを行えるのは、弁護士に限られているからです。一方、相続人同士での対立やトラブルなどがなく、不動産の名義変更(相続登記)など、専門的な手続きを依頼したいという場合には、司法書士にお願いするという方法もあります。

弁護士の費用相場

そもそも、不動産の相続というものは一生のうち何度も経験するとうことではありません。弁護士に依頼するための費用がいくらかかるのか、検討もつかないという方が多いことでしょう。弁護士費用というものは、その案件でどれくらいの金額が動くのかによって決まります。専門用語で「経済的利益」といいます。

また、かつては弁護士への報酬は「旧報酬基準」によって規定されていましたが、現在では各々の弁護士事務所が自由に決められるようになっています。ただし、この「旧報酬基準」を目安としている事務所は多いです。計算方法を知っておき、実際の依頼の際の目安として判断・検討するのがよいでしょう。

不動産相続が得意!土日の相談も対応「東京スカイ法律事務所」

東京スカイ法律事務所公式サイト画像キャプチャ

画像引用元:東京スカイ法律事務所公式HP(http://www.tsky.jp/)

これまでの法律相談件数は1万件以上。東京に本拠地を構え、埼玉、千葉、神奈川にも拠点を展開。日本全国からの依頼に対応。LINEから簡単に予約ができ、土日の相談も可能です。

遺産分割に関する実績も豊富に有しており、トラブル回避の観点から公正証書遺言の作成を推奨するなど、不動産相続が得意な法律事務所です。

代表の田中健太郎弁護士は、弁護士資格の他、司法書士や行政書士資格も保有しており、不動産相続に大きな強みを発揮しています。

東京スカイ法律事務所の公式サイトを見る