不動産の相続、弁護士に依頼すべき理由

このカテゴリーでは、不動産相続において、弁護士に依頼すべきケースやそのメリットなどについて解説します。

不動産相続のトラブルは、弁護士への相談が解決への近道

不動産相続でトラブルが発生している、もしくは発生しそうなら、できる限り弁護士に依頼した方が望ましいといえます。

現実問題として当事者だけで全てを解決するのは、かなりハードルが高くなり、自分たちだけでは収拾がつかなくなりがちです。最初から弁護士に依頼して、無駄な時間を費やさない方が、その後の手続きを考えても賢明です。

その一方で、いざ弁護士に不動産相続の依頼をするとなると、分からないことや心配なことも多いことでしょう。一般の方であれば、弁護士と接する機会というのも、そうそうあることではありません。そこで不動産相続を弁護士に依頼するにあたり、予め知っておきたい知識を以下で紹介いたします。

相続相談における弁護士と他の士業との違い

相続の相談を弁護士に依頼した方がよいのは、相続人同士で、遺言内容や遺産分割の内容に対してトラブルが発生しているケースです。こうした紛争において、調停や訴訟手続きなどを行えるのは、弁護士に限られているからです。一方、相続人同士での対立やトラブルなどがなく、不動産の名義変更(相続登記)など、専門的な手続きのみを依頼したいという場合には、司法書士にお願いするという方法もあります。

弁護士の費用相場

そもそも、不動産の相続というものは一生のうち何度も経験するとうことではありません。弁護士に依頼するための費用がいくらかかるのか、検討もつかないという方が多いことでしょう。弁護士費用というものは、その案件でどれくらいの金額が動くのかによって決まります。専門用語で「経済的利益」といいます。

また、かつては弁護士への報酬は「旧報酬基準」によって規定されていましたが、現在では各々の弁護士事務所が自由に決められるようになっています。ただし、この「旧報酬基準」を目安としている事務所は多いです。計算方法を知っておき、実際に依頼する際の目安として判断・検討するのがよいでしょう。

東京スカイ法律事務所での不動産相続

東京スカイ法律事務所HP
引用元:東京スカイ法律事務所(http://www.tsky.jp/)

特徴

東京スカイ法律事務所では、依頼者の利益の最大化と早期の問題解決をするために遺産相続に限らず不動産相続にも精通した弁護士が在籍。365日土日祝日にも対応しています。柔軟に依頼に対応するため、夜21時まで面談を行っています。また遺産分割協議後に再び争いが起きないよう、問題解決へと導いてくれます。

不動産相続の事例

不動産が自宅の場合

被相続人であった父が亡くなり、その父と暮らしていた長男が次男と不動産相続をする場合一緒にくらして世話をしていた長男の相続割合が多くなると思うかもしれません。しかし、相続割合は社会的な常識の範囲で、平等になるように定められています。次男は法定相続に従い50%の相続を主張し、相続トラブルに発展しました。この場合、被相続者である父親が遺言であらかじめ長男に不動産である自宅を相続させると書き残しておけば、トラブルに発展することはなかったかもしれません。

賃貸マンションなどの不動産の場合

賃貸料があるマンションで、相続人が複数の場合でも相続割合は変わりません。例えば長男、長女、次女、三女が相続人だと仮定すると、相続割合はそれぞれ25%になります。つまりこの場合は共有相続登記になるわけですが、不動産価格の変動や賃料の変化により不動産の共有割合が決まらずにトラブルに発展するケースがあります。

まずは相談

遺産相続や不動産相続では煩雑な手続きが多く、手続きをしたと思っていても不動産相続での登記者の登録変更を忘れてしまった結果、相続人の兄弟、親戚とトラブルになることが多いようです。また、平等に相続割合を決定できず争いになることもあり、遺産相続のパターンはひとつとして同じケースが存在しないことも頭が痛いところ。

特に不動産相続では関係法令がややこしく、家族や親族間で話しあったところで、解決が難しい場合があります。そこで法律のプロである弁護士にお願いをすることで、ややこしい問題をスムーズに解決することが可能になります。

不動産相続トラブル【兄弟姉妹編】

親と同居していた家の売却を兄弟から要求された

遺言書がないのに、勝手に不動産の名義を兄の名前で登記された

兄弟姉妹編の一覧を見る

不動産相続トラブル【夫婦編】

子供がいない場合、配偶者は全て相続できる?

内縁関係で同居していた家は遺贈してもらえる?

夫婦間の不動産の生前贈与による相続税対策はした方が良い?

夫婦編の一覧を見る

不動産相続トラブル【親子編】

両親と絶縁状態。亡くなった時に相続できる?

赤の他人に全財産を譲ると遺言書に書いてある。取り戻したい!

親子編の一覧を見る

このページの監修
東京スカイ法律事務所

東京スカイ法律事務所公式HP

引用元:東京スカイ法律事務所公式HP
(http://www.tsky.jp/)

このページは、不動産相続に強い「東京スカイ法律事務所」の田中健太郎弁護士が監修しています。東京スカイ法律事務所では電話やメールでの相談にも応じており、LINEで相談予約をすることが可能です。