知っておきたい不動産相続の基礎知識

このカテゴリーでは、不動産相続に関して、相続人が予め踏まえておきたい各種知識をとりまとめています。

不動産相続に関して、予め確認しておきたい知識を一挙紹介

不動産相続に限ったことではありませんが、普通は、不慣れな事柄に関して専門的な知識を持ち合わせていません。「知らないから」で終わらせるのではなく、物事をスムーズに進めるには一定の知識を身につけることをおススメします。以下にご紹介する項目について、まずは基礎知識として身につけておきましょう。その上で、専門家である弁護士にアドバイスやサポートを受けてみましょう。物事をスムーズに行う上で重要になります。

では、不動産相続の基礎知識について、見ていきましょう。

押さえておきたい!不動産相続の流れ

身内の方が亡くなるというのはショックではありますが、感傷に浸っている暇はありません。不動産相続に関しては、想像しているよりもはるかに膨大かつ煩雑な手続きを行うことが必要だからです。とりわけ3ヶ月以内、および10ヶ月以内に行わなければならないことがあります。事前に確認し、注意しましょう。

押さえておきたい!不動産相続の流れについて詳しく見る>>

期限はいつまで?不動産の相続登記

実は、相続した不動産の登記に期限は設定されておらず、放置したままでも罰金や罰則を受けるといったことはありません。しかし、速やかに相続登記をしていないことで、大きなデメリットがあります。確実に行っておくべきです。

期限はいつまで?不動産の相続登記について詳しく見る>>

相続不動産の評価

相続税の金額にも大きく影響を与える不動産の評価額は、大いに気になるところでしょう。その一方で、その評価とはどのような基準で行われるのか、ご存知ない方が大半と思われます。ぜひ、知識を深めてください。

相続不動産の評価について詳しく見る>>

相続不動産の税金

相続税の課税額が高額になるのは、相続財産が高額となる場合です。実際の相続税の算出においては、相続財産総額について一定の控除がなされるため、一定額までの相続財産には相続税がかかりません。ぜひ具体的に知っておいてください。

相続不動産の税金について詳しく見る>>

相続不動産を約3年以内に売却すると節税できる?

相続不動産である土地を売却する場合、相続してから約3年以内であれば「取得費加算の特例」というものが適用され、節税効果がもたらされます。ただし、この特例を受けるには条件があります。まずは特例の概要を把握しておきましょう。

相続不動産の売却は3年以内だと得?について詳しく見る>>

不動産相続の障害者控除について

障害者の方に不動産や金銭を相続するために贈与する場合、特定障害者扶養信託契約を活用することで節税することができます。具体的には最大で6,000万円分の贈与税を非課税になります。

ただし、この特定障害者扶養信託契約は、あくまでも金融商品のため銀行や金融業者(信託業者)によって、細かい内容は異なるため注意が必要です。例えば、とある業者の契約では不動産は財産として扱わないけど、別の業者では扱うなどです。これらについて、詳しく説明をしていきます。

不動産相続の障害者控除について詳しく見る>>

誰に相続されるのか調査の仕方について

相続が発生し相続人が自分たち以外にもいるかもしれない場合、相続した後に見ず知らずの相続人が現れた場合など、誰が相続人なのかをはっきりさせなければならないケースは少なくありません。そのために行うのが「相続人調査」です。「相続人調査」を行うにあたって必要となる戸籍の読み方や種類、集め方など、「相続人調査」の方法をわかりやすくご紹介しています。

誰に相続されるのか調査の仕方について詳しく見る>>

不動産相続に関する法改正

2018年7月に、不動産相続に関する民法である「相続法」の大きな改正がありました。この法改正では、配偶者居住権の創設、被相続人の預貯金の仮払い制度の実施、被相続人の介護や看病に貢献した人が相続人に特別寄与料を請求できるようになる金銭請求権の創設など、被相続人の遺族に配慮した改正が行われました。

また、被相続人が遺言制度をもっと活用できるように、遺言書の財産目録を別紙で添付する場合にパソコンでの作成を認める制度や、今まで自宅保管が一般的だった遺言状を法務局で預かり、管理することで遺言の偽造や破損を防ぐことができる制度も作られました。

不動産相続に関する法改正について詳しく見る>>

自営業(個人事業主)の相続は不動産の「法人化」がポイント

自営業(個人事業主)として不動産を所有していた場合、相続する前に法人化しておくと、相続税や贈与税を節税することが可能です。まずは、所有する不動産を法人所有にするための方法について理解しておきましょう。面倒な作業も多く、専門家の力を借りないといけないケースもあります。そこまでしてでも法人化するメリットが大きい理由も、あわせてみていきましょう。

不動産の「法人化」について詳しく見る>>

根抵当権付き不動産の相続

根抵当権付きの不動産を相続する場合、本当に相続するのか?権利を破棄するのか?の選択が迫られます。この場合、不動産の名義を法人名義にすることで、様々なメリットを得ることができます。1つが相続税を節税することができるということです。他にも個人税率よりも法人税率の方が優遇されやすいことなどが挙げられます。

ただ根抵当権付きで相続をしたい場合は、半年以内に手続きをしないと根抵当権が解除されてしまうため注意が必要です。

根抵当権付き不動産の相続について詳しく見る>>

不動産の相続で利用できる「小規模宅地等の特例」

評価額が5000万円の不動産を80%の相当額である1000万円で相続税を計算してくれる特例があります。それが、小規模宅地等の特例です。

この相当額が基本控除額より下回れば相続税を支払わなくてもよいという状況すらあります。色々と複雑な条件があるため判断に困ることもあります。

ですが、相続税が支払えなくなり住むところがなくなってしまうケースがあり、それを救済するようなイメージになります。宅地を相続することで相続税が支払えない場合は、本特例が適用されるか?をチェックしてみましょう。

不動産相続の「小規模宅地等の特例」について詳しく見る>>

不動産相続トラブル【兄弟姉妹編】

親と同居していた家の売却を兄弟から要求された

遺言書がないのに、勝手に不動産の名義を兄の名前で登記された

兄弟姉妹編の一覧を見る

不動産相続トラブル【夫婦編】

子供がいない場合、配偶者は全て相続できる?

内縁関係で同居していた家は遺贈してもらえる?

夫婦間の不動産の生前贈与による相続税対策はした方が良い?

夫婦編の一覧を見る

不動産相続トラブル【親子編】

両親と絶縁状態。亡くなった時に相続できる?

赤の他人に全財産を譲ると遺言書に書いてある。取り戻したい!

親子編の一覧を見る

このページの監修
東京スカイ法律事務所

東京スカイ法律事務所公式HP

引用元:東京スカイ法律事務所公式HP
(http://www.tsky.jp/)

       

このサイトは「東京スカイ法律事務所」の田中健太郎弁護士が監修しています。平日は夜21:00まで相談が可能で、土日も事前予約をすれば相談することができます。親族との相続トラブルに悩まれている方はぜひ一度ご相談ください。