法定相続人と相続分

このページでは、遺産相続における法定相続人の範囲や法定相続分について解説しています。

法定相続人の範囲

「法定相続人」とは、被相続人(お亡くなりになった方)の死亡により財産法上の地位を法律上承継する人のことを指します。この法定相続人は、被相続人との間柄によって決まり、遺産の取り分にも大きく影響していきます。

法定相続人の具体例

法律によって定められた相続人は、優先順位というものが決まっており、配偶者、子、親、兄弟姉妹という序列となります。なかでも配偶者は、常に相続人となることができます。ただし注意が必要となるのが、あくまでも戸籍上の配偶者が対象となる点です。

仮に生前の被相続人とその配偶者の夫婦仲が悪かった場合であっても、被相続人が亡くなった場合、配偶者は相続人となります。逆に生前、どんなに仲がよかったとしても、愛人や内縁関係だった場合は相続人とは認められません。

そして配偶者に続き、子、親、兄弟姉妹という優先順位も決まっています。優先される順位の相続人がいるか否かで、相続人の範囲が変わります。

ちなみに被相続人の子供が相続人となる場合、実子はもちろんのこと、養子も、被相続人の子という同じ立場で相続の権利を有します。また、養子縁組をした子供でも、養親だけでなく、実親を相続する権利を有します。つまり養子は養親と実親、双方の相続権を有しているということになります。

ここからは、上記の法定相続人に対し、相続分はどのような割合となるのか、主な例を挙げていきたいと思います。

配偶者(最優先)

子供(第1順位)

※子供が複数存在する場合は、子供の人数に応じて均等の割合となります。また、以前は非嫡出子の場合は嫡出子の1/2の相続分でしたが、平成25年12月5日に民法の一部が改正され(同月11日公布・施行)、非嫡出子も嫡出子と同じ相続割合になります(平成25年9月5日以後に開始した相続について適用)。

親(第2順位)

※両親ともに存在する場合は2名で均等の割合となります。

兄弟姉妹(第3順位)

※兄弟姉妹が複数の場合は、人数に応じて均等の割合となります。また実の兄弟姉妹と養子縁組による義理の兄弟姉妹に差は有りません。また、父母の一方だけが同じ兄弟姉妹(いわゆる腹違いの兄弟姉妹など)の場合、両親が同じ兄弟姉妹の法定相続分の1/2となります。

以上の例はあくまで主な例であり、より複雑なケースもありえます。スムーズに手続きを行うためには知識やノウハウに長けた、弁護士などの専門家にサポートやアドバイスを求めることが賢明です。

遺産分割でもめたくない!不動産相続ガイドを詳しく見る>>

その他の用語集

不動産相続トラブル【兄弟姉妹編】

親と同居していた家の売却を兄弟から要求された

遺言書がないのに、勝手に不動産の名義を兄の名前で登記された

兄弟姉妹編の一覧を見る

不動産相続トラブル【夫婦編】

子供がいない場合、配偶者は全て相続できる?

内縁関係で同居していた家は遺贈してもらえる?

夫婦間の不動産の生前贈与による相続税対策はした方が良い?

夫婦編の一覧を見る

不動産相続トラブル【親子編】

両親と絶縁状態。亡くなった時に相続できる?

赤の他人に全財産を譲ると遺言書に書いてある。取り戻したい!

親子編の一覧を見る

このページの監修
東京スカイ法律事務所

東京スカイ法律事務所公式HP

引用元:東京スカイ法律事務所公式HP
(http://www.tsky.jp/)

       

このサイトは「東京スカイ法律事務所」の田中健太郎弁護士が監修しています。平日は夜21:00まで相談が可能で、土日も事前予約をすれば相談することができます。親族との相続トラブルに悩まれている方はぜひ一度ご相談ください。