共有分割

共有分割とは?

相続財産を一部、あるいは全部を複数の相続人が共同で所有する方法のことを言います。

また、遺産分割方法の順序として、一般的には現物分割→代償分割→換価分割→共有分割の順で行われ、共有分割は最後の手段とされています。

共有分割が最後の手段とされる理由

一見、不動産が共有されるので不公平はないと思われるかもしれません。

しかし共有分割してしまうと、売却や取り壊しなど何かしらを行う際は、共有者全員の同意が必要となりますから、話がまとまらずなかなか実行する事ができません。

実際に、上記のことが決まらずに裁判所で調停・審判まで行き、その結果共有者間の関係性も悪化したケースもあります。そうなると、ますます話もまとまらなくなります。

そのため、遺産分割では出来るだけ上記の順番で進めた方が望ましいのです。

共有分割のメリットは?

メリットとして一番に挙げられるのが、遺産分割の手間が掛からないことです。「分割」ではなく「共有」なので、比較的話し合いがスムーズに進むことが多いです。また、相続人間の公平性が保たれるので、仮に協議が難航しても意見がまとまりやすいということもあります。

ちなみに、相続した不動産が収益物件の場合、持分に応じて利益を受け取る権利も取得できるため分配が楽になる、ということも押えておきたいところです。

共有分割のデメリットは?

共有分割のデメリットは、「相続問題の長期化」です。

相続人間で意見の統一がなされる場合は、上記のようにメリットとなりますが、反面意見の食い違いが生まれると、長期化することも考えられます。不動産を共有するため、単独では変更等ができないからです。

また、解決せずに長期化すると、共有者が亡くなり、世代が変わって相続が行われると子どもの人数に応じて共有者が増加しますので、問題がより複雑化することになり特別な手続きが必要となることもあります。

その他の用語集

不動産相続トラブル【兄弟姉妹編】

親と同居していた家の売却を兄弟から要求された

遺言書がないのに、勝手に不動産の名義を兄の名前で登記された

兄弟姉妹編の一覧を見る

不動産相続トラブル【夫婦編】

子供がいない場合、配偶者は全て相続できる?

内縁関係で同居していた家は遺贈してもらえる?

夫婦間の不動産の生前贈与による相続税対策はした方が良い?

夫婦編の一覧を見る

不動産相続トラブル【親子編】

両親と絶縁状態。亡くなった時に相続できる?

赤の他人に全財産を譲ると遺言書に書いてある。取り戻したい!

親子編の一覧を見る

このページの監修
東京スカイ法律事務所

東京スカイ法律事務所公式HP

引用元:東京スカイ法律事務所公式HP
(http://www.tsky.jp/)

       

このサイトは「東京スカイ法律事務所」の田中健太郎弁護士に監修していただいています。同氏は弁護士と行政書士、両方の資格を所持し、弁護士になる前は司法書士として活躍していたという経歴の持ち主。不動産相続に関する豊富な知識と実績を持つ弁護士です。
メール・電話での相談やLINEからの予約にも対応しているので、気になる事があれば気軽に質問してみましょう。